日本人が「限定」に弱い理由を解き明かす!

日本人が「限定」に弱い理由を解き明かす!

「数量限定」「期間限定」「○○地域限定」普段から限定が付く商品やサービスを目にすることが多いのではないでしょうか?

それらには決まって人が群がり会社は大繁盛です。

限定商法ともいうべきでしょうか?

偶に話題にもならずに寂しい感じになっていうものもありますが、今回は触れないでおきます…(汗) 

「希少性の法則」

例えば、数量限定の場合数に限りがあるので「今のうちに買わなければ二度手に入れることが出来ない」や「貴重な感じがする」と思って本当に欲しいものではないものを購入したというような経験があるのではないでしょうか?

簡単に手に入れることが出来るものの場合はそのように思うことは無いですよね。

「今買わなければ」という思いが人間を「限定商品」に惹きつけさせるのです。

企業側話はこの人間の心理を利用し販売数を抑えて消費者の購入意欲を高めます。

僕たちは、企業の思う壺というわけですね…

それでも僕は限定に魅かれてしまいますね(汗) 

衝動買いは失敗の可能性が高い

今買うチャンスを逃したらという風に思って急いで本当に欲しいのかも考えずに商品やサービスにお金を支払ってしまうと当然失敗も多くなります。

よく考えないで「限定」に目が行ってしまいがちですがお金を無駄にしてしまわないように慎重に買い物をしましょう。

「どうしても限定品が欲しい」という風に思ってしまう事があったならばこう思って購入したい気持ちを抑えてください。

「今購入しなければ、本当は必要が無いのに衝動買いをしてしまった人がフリマアプリ等で定価以下で販売するかもしれない」という風に思ってみてください。

こう思うことで購入を思い留まることが出来ます。

1週間後ぐらいに思えていたならばフリマアプリで検索してみてください。

多数出品されている所を見ると後からでも買うことが出来るという風に思い直ぐに購入しないのではないでしょうか?

それはその商品の「限定」が無くなっているからです。

少数しかなく貴重性があるものに魅かれていただけで合って商品そのものに賞味があったというわけでは無い事を指示しています。

本当に良いものであれば、購入してみてもいいでしょう。

しかし、「これよりももっと良いものがあるのでは?」という風に少しでも思ってしまったら購入を踏みとどまってください。

僕はこれが出来なくいつも買い物に失敗します(汗)

この前、多肉植物をオークションサイトで購入したのですが、「欲しい」と強く思って僕自身のブレーキを失い他の方とかなり競り合って値段が上がっていきました。

途中から「多肉植物が欲しい」という気持ちから「誰かが欲しいと思っている多肉植物が欲しい」に代わっていきました。

これは、失敗エピソードです。

競り合ったという話ならばオークションでは普通のことなのですが、ブレーキが利かなくなった状態で入札を繰り返していたのでその多肉植物の価値を忘れてしまっていました。

はい、相場の2倍以上の価格で僕が落札しました(汗)

誰かに購入されてしまうと僕は二度と手に入れることが出来なくなってしまうという風に思ってしまった結果がこれです。

後から後悔しましたが後の祭りです。

皆さんはこの行ったことにならないように商品が本来持っている価格をしっかりと見極めてください。

「限定」に弱い理由

それは、「貴重性」のある商品を欲しいと思ってしまうからです。

普通のお菓子でも限定パッケージの場合の方が得した気分になりませんか?

限定品を手に入れて高揚感に浸っているのです。

それから限定商品は話題になりやすいということも人を限定に惹きつける理由ではないでしょうか?

SNS映えというやつですね。

「限定」に惑わされないように注意が必要です。

【おまけ編】

僕のオークションでの失敗談がここで役に立ちました。

今後も事あることにネタにしていき損した分を取り返そうと思います…

入札を繰り返していた時は、本当にムキになっていましたね…(汗)

「相場の○○円の5分の4を超えたら降りようと思っていたのですが、気がちたら相場の2倍以上になっていました。

不思議ですね…

落札直後は素直に入札出来て嬉しかったです。

僕が冷静になったのは、取引画面で値段を確認した時です。

入札価格を確認して唖然としました。

後悔しましたよ…

でも、商品が届きそのような気持ちは弱まりました。

写真で見ていたよりも大物が届いたと思っています(そう思うようにしています)

損(オークションなので正しい予言ではないような気がします)した分は、多肉植物を増やして取り返せば良いだけです。

もっと安く購入できていれば、早くに元をとれるということは考えません…(汗) 

その様なことを考え出したらキリがないですからね。

過ぎてしまったことは考えないようにします。

次の機会に生かせばいいのです。

今回のミスは勉強代ですから。

本編にあれほど偉そうに語っていた人がオークションで相場よりも安く落札出来たことが殆どないということは皆さんには言えないですね…

世の中の疑問カテゴリの最新記事