危険物取扱者乙種4類 4日で受かる勉強法! 日々の積み重ねは無駄!

危険物取扱者乙種4類 4日で受かる勉強法! 日々の積み重ねは無駄!

はじめに

僕は、4日間の勉強のみで実際に一発合格することが出来ました。

それは、元々記憶力が良かったというわけではありません。

むしろ僕は記憶力が悪いです。

どのくらいかというと3秒前に聞いた人の名前を忘れてしまうくらいです(汗)

始めて会う人と話をするときは名前を忘れてしまわないかヒヤヒヤします。

そんな話はどうでもいいですね。

それでは具体的なお話しに移っていこうと思います。

乙4において日々の積み重ねは無駄!

このようなことを言ってしまうと学校や塾の先生に怒られてしまいそうですが本当のことなので言わせてもらいます。

勉強時間は、余裕思って1ヵ月、時間が無ければ2週間と言うように一般的に言われているのではないでしょうか?

その期間独学で勉強する方以外は講座を受講することでしょう。

僕からするとお金も時間も無駄にしているとしか思えません。

お金と時間に余裕があるのならば講座を受講してもいいかもしれませんが僕はあまりお勧めしません。

4日間集中して取り組めれば誰でも合格することが出来ます。

勉強に必要なもの

過去問・テキストがあれば十分です。

一般財団法人 消防試験研究センター

ここから過去問はダウンロードすることが出来ますが1年分しかないので別途問題集を購入することをお勧めします。

テキストに模擬問題が入っていることもあるので一度テキストを購入してみてから考えるといいと思います。

テキストにはあまりこだわる必要はありません。

基本的に書いてある内容は同じなので好きなものを購入してください。

1,000円程度の物でも十分使えるので奮発して高価なテキストを購入する必要はありません。

重要なのは、テキストでなく自身の勉強の質です。

4日で受かる勉強法!

それでは実際に僕が行った勉強御方法についてお話をしていきたいと思います。

乙4は、「危険物に関する法令」「基礎的な物理及び基礎的な化学」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」で構成されています。

感の良い方ならもうお気づきですね!

1日目に「危険物に関する法令」、2日目は「基礎的な物理及び基礎的な化学」、3日目に「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」、最後の1日にまとめというような内容で勉強をして下さい。

勉強する順番は特に重要ではないのでお好きなように勧めてください。

ちなみに僕はこの通りの順番で勉強しました。

テキストを一度でも見たことがある方は1日で一単元を終わらせるなんて無理だと思われたりしたのではないですか?

どうにかなってしまうのが乙4です。

実際僕は、狙って4日間の勉強で試験に臨んだわけではありません。

えぇ、そうです。

諦めていたので、前もって勉強していませんでした。

しかし、受験料を支払っているので何もしないで受験に落ちるのは勿体ないと思ったので、4日前にしてやっと重い腰を上げて勉強に取り組みました。

結果、4日間の勉強のみで受かりました。

今になって焦って勉強法を検索して僕の記事にたどり着いたのではないでしょうか?

あなたにどれだけの時間があるか僕にはわかりませんが、集中して取り組めば間に合うはずです。

だってあなたは諦めてはいないのですから!

時間の使い方

やみくもに勉強したのでは何も役に立ちません。

正しい時間の使い方をする必要があります。

僕は、1日目から3日目の便用時間は4時間程度でした。

それではその4時間の使い方について詳しくお話をしていきたいと思います。

僕は1日目から3日目このような時間配分で勉強をしました。

はじめに一度過去問を解いてみるのです。

普通はテキストを読むところから勉強が始まると思いますがそれはとても勿体ないです。

自身の知識で解ける問題というのは必ずあります。

特に法令は常識的に考えれば解ける問題というものが多いです。

そのため一度問題を解いてみて自身が分からない分野を見極める必要があります。

実際の試験通りに問題を解くと法令15問、物理10問、性質10問ですので分からない問題は、感で答えてしまえば1問1分程度で解けてしまうので15分に収まります。

次は、丸付けを行います。

ただ丸付けをするのではなく自身が間違えた問題を声に出して読み直したり、テキストで調べてその周辺に印をつけておいてください。

これが後々の復習をするときにとても役立ちます。

答え合わせが終われば復習です。

丸付けの際に付けてた印をもとに音読をします。

黙読ではなく必ず音読にして下さい。

口で発した言葉を自身の耳で聞くことで記憶しやすくなります。

覚えるまで何度か繰り返してください。

恐らく2,3回読めば覚えることが出来ると思います。

時間ギリギリまで使いましょう。

勉強時間に余裕がある方は何十分でも何時間でもかけて完璧に覚えるようにしましょう。

大体内容が分かる程度になりましたら次はもう一度過去問を解いてください。

ここで気を付けてほしいのは、同じ問題を解くということです。

自身がちゃんと覚えたかという確認のためのテストです。

見覚えがあって問題を読むまでもなく答えが分かってしまうかもしれません。

それでもかまいません。

実際のテストでも似たような問題が出るので丸暗記でもいいと思います。

偶に引っかけや解答の順番が入れ替わるという話も聞いたこともありましが僕の場合は見たことがあり問題は、過去問、予想問題からそのまま出題されていました。

僕は、素直に記憶の通りに回答をしたので合格できたのだと思います。

ここで引っかけを疑っていたら不合格だったはずです。

毎回そうとは限らないので皆さんはなるべく問題の意味を理解して答えるようにしてください。

迷ったら記憶にある答えを記入するようにしてください。

決して僕のように記憶にある答えで疑いもせずに回答しないようにっして下さい。

過去問を変えてこのような流れを4回程度繰り返せばある程度その分野の内容を理解することができます。

もし、時間に余裕があるようであれば回数を増やしたり、音読時間を伸ばして勉強してみてください。

これを3日間繰り返せば、「法令」「物理」「性質」すべての分野を理解したことになります。

4日目は総まとめです。

僕が受けた日程では、試験日が日曜日だったので前の日の土曜日は、丸一日復習をしていました。

朝7時に起きて寝る12時までご飯やトイレ以外はひたすらテキストを読んだり過去問の解き直しをしていました。

僕は記憶力が人より劣っているので丸一日勉強していましたが、皆さんはここまで時間をかける必要がないかもしれません。

気が済むまで勉強してきっと受かるという自信が付いたらあとは休憩にしましょう。

僕は必死に勉強をしすぎたせいか試験中ずっと頭痛で辛かったです…

無理し過ぎにはご注意ください。

まとめ

皆さんの役に立つような情報をお届けできたでしょうか?

時間が無くて切羽詰まっているという人は、この後の文章はあまり役立たないと思うので今すぐ勉強に取り掛かってください。

勉強量ではなく勉強の質がとても大切です。

集中して内容を頭に入れればきっと合格できるはずです。

応援しています!

乙4の合格率は、毎回3割程度です。

なぜここまで低いのでしょうか?

僕が思うに試験の内容からすると合格率が6割を超えていてもおかしくないと思います。

ここまで、乙4の合格率が低い理由は、試験者のやる気の問題ではないでしょうか?

学校や職場で強制的に試験を受けさせられるということが多い様です。

自ら進んで試験を受けているわけではないのでモチベーションが無く真剣に試験勉強をしないという人も多いと思います。

職場で受けさせる場合は、受験料は会社負担だと思うのでそこまで本気で取り組まなくてもいいと思いますが、僕としては、学生には頑張ってもらいたいですね。

学生の場合受験料を支払うのは親です。

受験手数料4,500円でその他に受験表に貼る写真も必要なので5,000円程かかっているということになります。

せっかく親に5,000円の受験料を支払ってもらってるので頑張って合格してもらいたいですね。

すべては、自身の頑張り次第でどうにかなります。

この3割という合格率を見て諦めるのではなく「この3割に入ってやるぞ!」という気持ちで試験勉強頑張ってください。

繰り返しになりますが、乙4は決して難しい試験ではありません。

受かるだけならば、内容の意味を理解する必要はなく内容を丸暗記すれば必ず受かります。

もちろん危険物を扱う職場で働くとなれば意味まで理解しなければいけませんが、学校や職場で強制的に受験させれている人は合格することだけに意識を集中させて勉強しましょう。

僕自身も合格できればいいという考えで受験したので、今過去問を解いてくださいと言われたならばきっと0点に近い点数になると思います(汗) 

試験で分からない問題が出たら自分を信じで5分の1に賭けて感で答えましょう。

間違っても分からないからと言って空欄を作らないでください。

乙4は皆さんご存知だと思いますが、マークシートです。

1~5のどれかを感で埋めておけば運が良ければ正解します。

どれだけ勉強していたとしても実際の試験では分からない問題いというものは必ず出てしまいます。

そうした時に焦らずに対応する力が求められます。

試験に合格できるように精一杯頑張ってください!

※「この記事の勉強法方法で試験に臨んだら落ちたちゃねぇか」というようなクレームは一切受け付けておりません。

【おすすめの商品を紹介するアフィ活】

他にも資格・検定試験をいくつか受けたことがあるので機会がありましたら今回のように勉強方法を記事にまとめてみます。

乙4に実際に受かっている証拠として免状の写真を載せようかと思ったのですが、本籍地、生年月日、写真等々隠さなければいけないところだらけで何も証拠にならないので止めました。

実際に受かっているので信じてくださいとしか言えないですね…(汗)

注意書きを本編に書き忘れていたので今、書いてきました。

勉強方法に絶対はないと思うので1つの案だと思っていただければ幸いです。

厳しい言い方になりますがちゃんと勉強した人は受かる試験です。

他かの資格と比べるとそこまでレベルは高くありません。

もし落ちてしまったというならば、自身の試験勉強に対する力の入れ方が甘かったのだと思って再チャレンジする際には同じことを繰り返さないで何がいけなかったのかということをよく考えながら勉強してください。

僕は、4日間という短い期間で同じ過去問を最低10回は解きました。

テキストは、丸まる一冊を2回読みました。

そこの中から重要そうなページは追加で更に読み込みました。

自分自身のスペックは自分が一番理解しているはずです。

自分がどれだけ勉強しなければいけないのかということを始める前に一度確認してみるといいと思います。

僕は、記憶力が人より劣っているのでこのくらい必要だと思って勉強しました。

ちなみに僕が使っていたテキストはこれです。

模擬問題や計算の例題が載っていてとても使い易かったです。

テキスト選びに迷っている方は是非チェックしてみてください。

恐らく僕が見た中で一番安かったと思います。

僕が使ったもののリンクは貼ってありますが、テキストは実際に書店に行ってページをめくってみて使い易そうなものを選ぶ方がいいと思います。

僕は使い終わった人に借りたので過去問集は購入していないのですが、持っていてそうは無いです。

模擬問題もほとんど試験と同じようなものなのですが過去問集は一応持っておいて損はないと思います。

僕の場合使い終わった人に借りたとはいえ借りものなので記入等が出来なく不便でした(汗) 

問題集は最新版の物を購入することをお勧めします。

テキストは多少古くても大きく内容が変わったりしないので大丈夫です。

勉強するとチョコが食べたくなりませんか?

僕はなります!

試験勉強中に板チョコを一日に2,3枚食べていました(汗) 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治 ハイミルクチョコレート 50g×10個入り 1パック
価格:1058円(税込、送料別) (2019/3/30時点)

ずっと明治の同じ板チョコを食べていたのですが今思うとよく飽きなかったなあと思いますね。

元々、チョコは大好きでした。

頑張りすぎないで適度に休憩を取りながら勉強頑張ってくださいね。

今回はこの辺で失礼します。 

資格・検定カテゴリの最新記事