記事をはじめて外注した話。メリットデメリット

記事をはじめて外注した話。メリットデメリット

こんにちは。このブログを運営しています。黒猫と申します(久しぶりの挨拶…)

このブログは、あくまで趣味として運営をしているのですが、長く続けていくうちに「サーバー代くらいは稼ぎたい」といように思うようになってきました。しかし、あいにく僕には読者様に対して有益な情報を提供できるほどの知識もなく尚且つ、リサーチをして上手く文章にまとめる力もございません。

そのうち身に付けていきたいものですが、なかなか時間がなくこれらについて勉強することが出来ていません。そのため、今回は、記事を外注するという決断をしました。

社会人である程度お金にゆとりがある人からすれば、外注するということはあまり難しいことではないのかもしれませんが、僕は学生の身であるため、お金に余裕がありません…

今までの僕ならば外注するということすら頭に浮かばなかったはずです。しかし、最近始めたバイトで給料をもらうことが出来ました。僕はお金に貪欲です(笑)そのまま使ってしまうのではなく増やしたいと思ってしまったわけです。

そこで上手く使う方法がないかと考えたときにこのブログ以外のサイトを立ち上げそこで収益化を目指すというざっくりとした行き当たりばったりの計画を思いついたのです(汗)

まぁ、今までの僕ならばお金はあるだけ使ってしまいます。それらはほとんどが無駄使いです。今回も無駄使いしてしまうならばうまくいかなかったとしても経験となるため記事を外注して新サイトを立ち上げることにしました。

外注することのメリット

時間の節約

何と言っても記事を書く時間がいらないということが大きなメリットですね。専門的な記事を制作するためには、リサーチなども含めると最低でも1時間は必要です。それが何十記事も必要となると膨大な時間がかかるのです。

その時間がかからなくなることでサイトのレイアウト構成といった他のことに時間を割くことが出来るのです。

正確な記事

専門の知識を持った人に記事を依頼することによって普通の人では知らないような専門的なことに突っ込んだ内容の濃い文章となります。また、何も知らない人が一からリサーチして書きあげるものとは違い事前の知識があるため正確な記事が出来上がります。

デメリット

費用が掛かる

一般的に外注する際の単価は、一文字あたり1円です。そのため1,000字の記事となると1,000円となるのです。外注にはかなり費用が掛かります。

しかし、まとまった数を依頼するなどすることでわずかではあるものの価格を抑えることが出来ます。また、価格は書き手の能力によって変わってきます。そのため一文字あたりの単価ビックルするほど低い場合があります。

ちなみに、僕がこのブログをはじめる前にライティングサイトで記事を書いていた時の単価は約0.25円でした。クライアントと僕の間にマッチングを行う中間業者が入っているためこの価格になっているのだと思います。そのため、クライアントは単価1円ほどを支払っていたと思われます。

クオリティの低い記事

費用を抑えたいと考えてしまうものです。しかし、あまりにも低すぎるものは疑いの目を向けた方がいいでしょう。記事を実際に書いたように見せかけて本当は、どこかのサイトのコピペ又は少し手を加えた記事を納品されてしまう場合があります。

もしそのような粗悪な記事に気が付かずにそのままサイトにアップしてしまうとサイトの評価がダダ下がりとなってしまいます。

明らかに安いものは「リライト記事」というように売られていて買い手がリライトすることを想定して販売している場合が依頼時、購入時はそのあたりを確認してみるとよいでしょう。

まとめ

記事の外注にはメリット、デメリットが様々あります。今回の記事で書ききれなかったかったものや説明不足なところについては今後投稿していく記事で補足説明させていただきます。

しっかりとした方に外注するのは、効率的で僕としてはおすすめです。その分、費用も掛かるので上手く利益で回収することが出来るかどうかは、運営者次第です。

僕も外注費を回収できるように頑張っていきます。

サイト運営カテゴリの最新記事