オオクワガタ飼育にはゼリーカッターが必須!

オオクワガタ飼育にはゼリーカッターが必須!

昆虫用のゼリーには薄型のものと普通の?深めのものがあります。僕は、プロゼリーというものを好んで使っているのですが、残念なことに後者の深めのゼリーとなっているのです。

深めのゼリーの残念な点は二つあります。

プロゼリーの残念な点

深いがために最後まで食べきることが出来ない

小型種のパプキンやコクワガタならばもしかすると最後まで食べることが出来るのかもしれませんが、僕が飼育しているオオクワガタはメスも含めて最後まで食べきることは出来ていないようです。

もし、最後まで食べきることが出来たとしても時間がかかるため数日経てば、食べ残しがあったとしても捨ててしまうのですが、少しでも多く食べてもらいたいというのが僕の考えです。

餌代が惜しいのです。ケチですね…(汗)

深いがために最後まで食べきることが出来ない

というより僕が飼育している個体が挟まっていました(汗)

見つけたときには落ち着いて暴れたりしていなかったのですが恐らくはじめは、焦って暴れたと思われます。

発見が遅れれば体力を使い果たし死んでしまっていたかもしれません。そのため、僕はオオクワガタなど挟まる可能性がある種を飼育する際はゼリーカッター等を使用することをお勧めします。

オオクワガタ救出作戦

このような形で挟まっていました。結構おくまでは入ってしまっています(汗)

食いしん坊さんなのでしょうかね(笑)

って笑っている場合ではありません!早急に救助しなければ!

ということで慎重にゼリーを回収しました。この時オオクワガタが暴れたりしなくてよかったです。餌を奪われるというの生き物は恐ろしいですからね…(汗)

トラブルなく救出作戦を完遂することが出来ました。

しかし、これで喜んではいけません。再発防止のために出キリことをしなければいけません。

昆虫ゼリーカット作戦

昔昆虫を飼育していた時に使っていた、ゼリーカッターがあったはずなのですが見つけることが出来ませんでした(汗)

だからと言ってまた同じような餌のあげ方としていては今回のように挟まるかねません。そこで、普通のカッターでゼリーを切ることにしました。危険なため非推奨です!

まずは品定めです!切り易そうな個体を探し出します!

というのは冗談でどれでも同じです(笑)

適当に一つに狙いを定めます。ゼリーをカットした際に汁で机が汚れてしまわないように下にキッチンペーパーを敷いています。準備万端です!

カッターは100円ショップで購入したものを使用します。後からしっかりと水分をふき取るとはいえもしかしたら錆びる可能性があるため、錆びても惜しくないものを使用します。

以外とさっくりと切れました!

しかし、ここで一つ問題が発生しました(汗)

蓋が切れないです…(汗)

蓋の部分は、少し暑いためカッターの刃がなかなか入りません。

カッターでは切ることが出来ないと判断したので切れたところまでで一旦開きます。後は力任せに引っぺがします(笑)

それでも意外と綺麗に切ることが出来ました!

オオクワちゃんも恐らく満足していると思います(勝手な想像!)

この方法は危険なため何度も繰り返したくありません。そのため早めに新しいゼリーカッターを購入しようと思います。

オオクワガタカテゴリの最新記事