オオクワガタたちが死んだ原因を考える

オオクワガタたちが死んだ原因を考える

丸々5日間ブログをお休みさせていただいていました。これは、僕のブログとしては初めてのことです。初めは、毎日投稿をしていて去年末ぐらいからちょくちょく休みを設けるようになっていました。

それらは、忙しさや疲れなどが理由でした。しかし、今回の休みはそれらの理由の他にも理由がありました。それは、オオクワガタたち死です。

数日前にお迎えしたオオクワガタたちが旅立ちました。オオクワガタは本来飼育が難しい種ではありません。それにもかかわらず死なせてしまったのです。

僕が飼育していた子達は「訳アリ個体」として販売されていました。「訳アリ」の内容は翅パカや付節なしといったものです。

元々、丈夫な個体ではなかったのです。そこに長距離移動が加わったために弱ってしまい死んでしまったのだと僕は思います。オオクワガタたちには本当に申し訳ないことを曽田と思います。

訳アリ個体を飼育し死なせてしまうということは今回が初めてではありませんでした。過去にベルツノガエルを訳アリ個体でお迎えし2.3か月後に死なせてしまったことありました。

色々な種類の生き物をこれまでに飼育してきたので「訳アリ個体の少し体の弱い子でも僕でも飼育できる」というわけの分からない自信があったのです。本当に恥じるべきことだと思います。

本当は生き物を飼育する資格がなかったのです。

そのため、今後は今いる子たちの世話に全力を尽くししばらくの間は新しい種の生き物をお迎えしないようにします。

ここで「もう二度と生き物を飼育しません」ということが出来ないのが僕の悪いところです…

というのも僕は生き物が大好きです。お金さえあれば沢山の生き物に囲まれて生活したいと思っています。それくらい生き物を飼育することが好きです。

そのため、何度生き物を飼育して殺してしまっても「また…」という風に思ってしまうのです。同じことの繰り返しでは「不幸な命」にしてしまうのでこうして今回のブログのように「何がいけなかったのか?」を考えるように昔からしています。

これはブログをはじめる前からずっと行っていることです。次に生かせるように些細なことでも思い出しまとめるようにしています。こうして今回ブログにまとめることで誰かや未来の自分の役に立てばいいなというように思っています。

明日からはブログを再開し出来る限り毎日投稿を心がけていこうと思います。

今後もよろしくお願いいたします。

オオクワガタカテゴリの最新記事