リライト記事購入後にしなければいけないこと

リライト記事購入後にしなければいけないこと

そもそもリライト記事とは?

ブログやサイトを運営している人の悩みと言えば記事をいかに沢山投稿するかではないでしょうか?

記事の内容ももちろん大事ですが、アクセスを得られる母体が多いにこし方ことはありません。

しかし、一人の人間が一日に書くことができる記事には限りがあります。

そんな時に少しでも早く記事を完成させたい人向けに販売されているのがリライト記事です。

リライト記事は、名前の通りリライトして利用することを想定して販売されています。

その代わり格安で購入する事ができます。

ココナラなどのスキルを売買できるサイトでは、500字程の記事が10円ほどで販売されています(※実際は、100~300程度でまとめ売りされています。)

なぜそんなに安いのかと言いますと販売側は全く同じもしくは、複数あるものの中から売れた数だけ購入者に提供するという形になっています。

一度書いた記事を利用できるので格安で提供することが出来るというわけです。

これがどういうことかと言いますと同じ内容の記事を複数の人が持っていることになります。

その記事をそのまま投稿してしまうとパクリ記事とGoogleなどに認識されてしまい報じされなくなってしまう可能師があります。

場合によっては、ペナルティを喰らってサイトそのものが表示されなくなる可能性もあります。

リライト方法

リライト記事は、必ず書き直しが必要となってきます。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、言い回しなどを変えただけでは、元の記事と同一のものという風に認識されてしまう可能性があるということです。

AI恐るべしです…

元の記事はあくまで参考程度とし、自身の言葉で書き直すということがベストでしょう。

それでは、時間短縮にならないのではないか? と思われる方も多いのではないでしょうか?

確かに時間はかかります。

しかし、記事にしたい内容を一から調べるよりはるかに時間短縮することができます。

なぜかといいますと、文章で一度読んだものを頭の中で違う言葉を利用しながら再編集すればいいだけなのです。

なんだか難しく感じるかもしれませんが、それほど難しくありませんよ。

最初は、時間がかかってしまうかもしれませんが、何度も繰り返していくうちにコツをつかみ自分なりのリライト方法を見つけることが出来るはずです。

楽したいあなたにはツールを

僕自身、本格的なリライトツールを使ったことが無いのですが、お金に余裕がある方はツールを購入するというのも一つの手です。

ただし高額なものが多いです。

僕が、利用したことが無い大きな理由ですね…(汗)

完璧にリライトしてくれるという確証があれば購入してみてもいいのですが、今のところ信用できていません。

ここで、一歩踏む出すことができる人が成功者となるのかもしれませんね…

僕も踏み出し…

お金が…(´;ω;`)

しかし、諦めるのはまだ早いです。

無料で提供されているツールもあります。

これは、僕自身が実際にしたことがあります。

使ってみた感想は、「無料なので仕方が無いかな… ?」です。

僕が使用させていただいたツールは、言葉の言い回しを変更するというものでした。

このまま使用することはお勧めできませんが、この変更後の文章を自身でリライトして利用するというのは良いですね。

元の記事より離れた文章となると思います。

無料でも十分使えますね(手のひら返し…)

まとめ

今からサイトを始めたいけれど、どのような記事を書けばいいのか分からずに困っている方は、リライト記事を購入しオリジナルの文章に書き換えるということをするということから始めることをお勧めします。

これには、良い点があります。

それは、プロ又はそれに近い方が書いた文章に触れることで自然と文章力や語彙力が身に付くと思います。

それをしなかった僕は…

この記事を最後まで読んでくださった方ならばもうお分かりですね。

僕の記事はものすごく低クオリティです。

文章を書くことに自身が無い方はまずは、沢山の活字に触れる所からスタートしてみてください。

僕は、文章を書くことの勉強をせずに我が道を地を貫いてしまったので変な癖がついてしまいました…

是非、沢山の活字に触れてください。

【おまけ編】

僕も昨日はじめてリライト記事を購入しました。

数ジャンルで300記事購入したのですが、内容がとても充実していて読むことに集中してしまった結果未だに一記事もリライト出来ていません。

思わぬところに敵が潜んでいました…

ちなみに、リライトした記事は新たに立ち上げる予定のサイトで公開予定です。

このブログは、完全オリジナル記事のみを投稿していきます。

誰にも書けないような低クオリティ記事をこれからも投稿していきます(笑)

僕の過去記事こそリライトが必要ですね(汗)

しかし、自信をもって公開していき記事なので自分でなかなかリライト個所が見つからないのです。

さすがに漢字のミスぐらいは気づくだろうと言われそうですが、僕漢字がまるっきしダメなので間違えに気づけないのです…

バカです…

漢字は、小学三年生くらいの時に「あっ、これダメだ」と察しました(笑)

漢字の間違を見つけるツールもあるそうなのですが、あったとしても僕には購入出来ないでしょうね…

というのもこの手のツールは高額なものばかりです。

ネット上に公開されている文章と似ていないかと調べるツール(名前を忘れました…)は、1年あたりのライセンス料が、10万円近かったはずです。

僕には購入できないですね。

ツールが無くても身近なところに文章を校正してくれるものがありますね。

そうです。

Wordですね。

僕はいつもWordで文章を書いています。

一度でも使用したことがある方ならば分かると思いますが、漢字のミスや文章が変なところがあれば赤と青の波線で指摘してくれます。

ざっと見たところ今回の記事に波線は、ありました(汗)

「AI恐るべしです…」の「恐るべ」に赤波線が引かれていました。

文章校正を見てみたところ「不自然な日本語ではないか」と指摘されました。

普通に使うと思うのですが僕だけでしょうか?

とりあえず無視しておきます…

こんなことが毎回あるので僕の腕は上がらないのでしょうね…

今回はこの辺で失礼します。

サイト運営カテゴリの最新記事