ピエール瀧出演作の相次ぐ「自粛」本当に必要か? 

ピエール瀧出演作の相次ぐ「自粛」本当に必要か? 

ピエール瀧氏の出演作品

ボックス・孤狼の血
・アウトレイジ最終章
・海賊とよばれた男
・サニー
・シン・ゴジラ
・日本で一番悪い奴ら
・凶悪
・ジャッジアイズ
・そして父になる
・進撃の巨人(実写)
・怒り
・アナと雪の女王(吹き替え)ボックス
参考 ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/ピエール瀧

なぜ自粛するのか?

様々な理由があると思いますが、大きな理由として上げられるのは、スポンサー対策ではないでしょうか?

映画やドラマ、番組などを作るには沢山の資金が必要です。

そうなってくると重要なのは、スポンサーです。

スポンサーは、自社の商品、サービスを宣伝してもらう代わりに宣伝料として多額の費用をスポンサー料として制作側に支払います。

出資した作品に逮捕者が出ていてしまうと企業のイメージ低下に繋がりかねません。

そのためスポンサー側は、作品の内容や出演には気を使います。

契約にもよると思いますが、多くの場合は今回のピエール瀧出逮捕というようなことがあれば、作品を公開しないようにといった契約が交わされている場合が多いのではないでしょうか?

それは、作品からスポンサー側に与える影響力の大きさを表しています。

他の理由としては、青少年の教育に悪いというものが上げられます。

これはどういうことかと言いますと犯罪を犯している人が公の場で、楽しそうに番組に出ていたり映画やドラマに出演していたら少数ではあると思いますが、犯罪を犯しても生活していけると思い込んで犯罪に手を染めてしまう人が出ないとも限りません。

テレビ番組や映画などから与える影響力は大きなものなのでそのような事にも気を付けていかなければならないのです。

このほかにも「社会的制裁を与えるため」、「出演者への悪影響を避けるため」等など沢山理由はあると思います。

今回は、「スポンサー側への配慮」と「青少年の教育に悪い」というものについてのみ簡単にお話をしましたが、機会がありませしたらもっと詳しく説明していこうと思います。

ピエール瀧氏の作品自粛について僕の意見

僕個人の意見としましては、これから公開予定の作品についての自粛はいたしかないと思いますが、既に公開済みの作品の販売中止などは必要が無いと思います。

これから公開予定の作品を予定どおり公開してしまうとスポンサー側に与える影響が大きいと思うので、出演者の変更等が必要になってくると思います。

変更等で追加の資金が必要にはなってくると思いますが、作品には罪はないので公開取りやめにならないようにどうにか対応してもらいたいものです。

ここで追加になった費用は、原因となった出演者へ支払いを求めればその人への制裁にもなります。

今回の件で問題となったのは、過去作品についてです。

「アナと雪の女王」の吹き替え版にピエール瀧氏が出ていたことによってブルーレイ・DVDの販売中止や日本語吹き替え声優の交代されることになったのです。

僕はここに少し疑問を抱きました。

日本語吹き替え声優の交代吐いたしかないとしてもブルーレイ・DVDの発売中止までする必要があったのかということです。

今回は、日本語吹き替え声優の交代してブルーレイ・DVDを新たに発売すると思いますが、今までのDVDを発売中止にする必要があったのかどうかについて考えたいと思います。

作品を作るにあったて沢山の人が動いてきたのにもかかわらず一人の人間によってその作品が見られなくなっても良いのでしょうか?

今回の場合は、日本語吹き替え声優の交代なのであまり作品としての内容は変化しないと思いますが、それでも作品に関わってきた人からすると少し悔しい思いになるのではないでしょうか?

罪を犯した人への制裁は勿論必要ですが、すべて「自粛」にする流れは変わらなければいけないと僕は思います。

それから作品に泥を塗らないためにも製作サイド、出演者ともに問題を起こさないように生活をしてもらいたいものです。

世間の声(Twitterより)

【おすすめの商品を紹介するアフィ活】

生産中止や発売中止が決まっても販売店の在庫がある限りは売られていると思うので気になる方は、お早目に購入下さい…

とおもって検索してみたのですが、日本語吹き替え版はどこにもなかったです(汗)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アナと雪の女王/家族の思い出 オリジナル・サウンドトラック
価格:1648円(税込、送料別) (2019/3/16時点)

今回の関係のないCDは今後も販売されていくと思うので、ご興味のある方は是非購入してみてください。

勿論生産・販売が中止されたのは、日本語吹き替え版のみなので、他の用のものは販売されているので、例えば米国版を購入して英語の勉強に利用してみてもいいと思います。

リアルな英語を聞くことは、とても勉強になると思います。

ちなみに僕は、英語は全く分かりません(汗)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北米版 ディズニー アナと雪の女王 Disney Frozen(Blu-ray+…
価格:5480円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)

DVDプレイヤーならばどこでも基本的に電源さえあればDVDをお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】15.6型ポータブルDVDプレーヤー 大画面高精細液晶(1366×7…
価格:10300円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)

前まで僕も持っていたのですが壊してしまいました(汗)

読み込み用の器具? DVDに当たる部分を触ったら壊れました。

ちゃんと注意書きにも触らないようにと書いてあるので皆さんは気を付けてください。

というかそのような場所を触ってしまうのは僕位ですかね…?

つい触りたくなってしまいました(笑)

今回はこの辺で失礼します。

下のバナーをクリックしていただけましたらとても嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

時事ネタカテゴリの最新記事