仮免試験(筆記)一度落ち二度目で受かった僕の勉強法

仮免試験(筆記)一度落ち二度目で受かった僕の勉強法

自動車免許の試験は、○×問題です。そのため、ぶっちゃけなめていました(汗)

というのも仮免試験を受ける前に模試を受けたのですが、テスト対策をせずに授業の記憶を頼りに受けた試験では50点満点のテストで48点でした。ここでそこそこの点数を取れていたことで油断していましたね。

仮免試験でも同じような感じに合格できると思い1時間程度の勉強のみしかしないまま試験を受けました。その結果、合格点に2点足らずに落ちました…

ちなみに、友達は1点足らずに落ちたようなので2点は惜しくも何ともありません…

何がイケなかったのだろうかと考えてみました。模試との違いを考えて見たところ授業を受けてから時間が経っていたことに気が付きました(気が付くのが遅い…)

学科の方が、技能講習よりも早く終わっていたため日がかなり開いていました。そのため、僕の容量の小さな脳みそから記憶が消去されていたのです。そのことに試験後に気が付きもう少し勉強しなければいけと思いましたね。

運よく、仮免試験が次の日もあったのですぐに予約を入れ試験を受けました。

僕の筆記の勉強方法は、ひたすら問題を解くというものです。テスト形式で問題を解くことが出来るサイトがあったので利用させていただきました。そこでひたすら問題を解いたのですが試験を受けるまで一度も合格点は取れませんでした(汗)

それでも、間違えた問題の解説を毎回読んでいたので頭にある程度知識として入れることが出来ていたので二度目の試験で合格できました。普通の方は、基本的に一度で合格できるようです。

ちなみに、僕が試験を受けたとき筆記で落ちた方は僕も含め3名しかいませんでした。僕以外の2名も次の日に試験を受けたのですが、一度落ちた3名とも無事合格しました。

舐めずにしっかりと対策させすれば受かることが出来る試験です。これから試験を受けられるという方は、気を抜かずに頑張ってください!

ちなみに、技能試験の方は1発で合格していました。(どうでもいい…)

資格・検定カテゴリの最新記事