日本がヤバい! 中三女子が興味品位で大麻を購入できるなんて…

日本がヤバい! 中三女子が興味品位で大麻を購入できるなんて…

事件内容

捜査関係者によると、女子生徒は3月上旬、市内の自宅で突然、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。その後の尿検査で大麻の陽性反応があり、室内から乾燥大麻が見つかったことから、今月7日に逮捕した。女子生徒は「ネットで見知らぬ人から買った。今年1月ごろに吸い始めた」などと供述しているという。
引用 中3女子を大麻所持疑いで逮捕 合成麻薬所持でも追送検「ネットで購入した

大麻とは

大麻は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも。花から製造されたものをガンジャ、樹脂をハシシ, チャラスと呼ぶ。
引用 大麻

危険薬物をなぜ使用するのか

僕が考えるに初めは、興味心から使ってしまうのではないでしょうか。

「危険と言われている薬物がどのようなものなのか使ってみたい」

「○○が使っていたから自分も使いたい」

薬物には、依存性があり一度使用してしまうと自身の力だけでは、悪のスパイラルから抜け出すことが難しいのです。

興味本位で使用してしまったのならば直ぐに誰かに相談をして薬物漬けになってしまう前に専門の施設で治療を受けるべきです。

自分で薬物を使用するだけではなく知らない間や強制的に摂取させられるということも考えられるのではないでしょうか。

体に異変を少しでも感じたならばすぐに誰か信頼のできる人に相談する必要がありそうです。

今回の件のように中学三年生でもインターネットを利用して購入が出来てしまうのが今の日本の現状です。

いつどこで自分が薬物と関りを持ってしまうのか分かりません。

僕から言えることは、興味本位などで絶対に使用しないで下さいということです。

薬物の使用は人生を大きく変えてしまいます。

依存症になれば一生かけて治療していかなければならなくなってしまいます。

また、薬物を一度でも使用してしまったのならば使用前と同じような生活が出来なくなってしまうと考えておいた方がよいでしょう。

薬物の使用は一部の医療用を除いて基本的には日本では、所持・使用は法律で禁止されています。

罪を犯せば当然罰せられます。

逮捕歴がついてしまうのです。

今だけではなくこれから先の人生を狂わせることは間違いないでしょう。

まとめ

今回逮捕された少女は、中学三年生ということでした。

学生の内は何度も薬物などについての授業が行われていると思います。

そのため薬物は危険なもので使用してはいけないということは理解していたはずです。

それなのにもかかわらず大麻所持で捕まってしまったということはとても残念です。

まだ、危険薬物への理解がなされていないというようなことも今回の事件で分かったと思うので、学生に対しては授業でもっと扱うべき問題だと僕は感じています。

学校を卒業した大人に対しても定期的に何らかの方法で危険薬物への理解を深めるための講習会のようなものが必要だとも考えます。

それから中学生が興味本位で大麻を購入できてしまったということも大きな問題です。

今回の少女は、インターネットを利用して購入したそうですが取り締まりをもっと強化して今後このようなことが起こらないようにしてもらいたいものです。

【おすすめの商品を紹介するアフィ活】

今回は、大麻所持の少女のお話しから危険薬物についてお話しさせていただきました。

皆さんは使用していないですよね?

また周りに使用してそうな人はいませんか?

依存から抜け出すためにはなるべく早いうちに専門機関で治療を受ける必要があります。

使用している人はおそらくいないと思うので今後様々なところからあるかもしれない薬物使用の誘惑に絶対に負け合いでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男女共通 薬物検査キット 郵送検査のお申込み 覚せい剤検査
価格:7200円(税込、送料無料) (2019/3/25時点)

この商品の場合、簡単な検体摂取をしてそれを郵送で専門機関に送るだけで覚せい剤の使用の有無が分かるようです。

知らないところで無理やり覚せい剤を使用されたような方はキットを使って調べてみてはいかがでしょうか。

自分から使用を知らせることが出来ない場合などはこの検査結果がSOSになると思います。

悪循環から抜け出したいと思っている方がもしいらっしゃりましたら使用してみるのはいかがでしょうか。

上のリンクの商品を使えば薬物8種類について調べることが可能のようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬物依存症とその家族 回復への実践録[本/雑誌] / 岩井喜代仁/著
価格:1944円(税込、送料別) (2019/3/25時点)

依存で苦しんでいる人の話を聞くだけでも使用しないための抑止力になるのではないでしょうか。

依存というものは本当に恐ろしいものです。

貴方がそうならないためにも知識を付けて置いて損はしないのではないでしょうか。

僕は、このような危険薬物には絶対に手を出さないという強い意識を持っているつもりですがこれから先何があるか分かりません。

今の段階では、薬物を買えるほどお金に余裕が無いのですが、薬物を売りさばきたい売人側は、始めは誰でも購入できるくらいの値段で提供し依存症場が出始めたならば値段を釣り上げるというような方法を取るそうです。

依存症場が出ればどんなことをしてでも薬物を手に入れたいと思うようになり正常な判断をすることが出来なくなり犯罪に手を染めてしまうのです。(薬物使用も犯罪ですが…)

その様なことにならないためにも僕のようにお金が無いからというようなことだけで安心してしまうのではなく絶対に手を出さないという意識を持つことが必要そうです。

今回はこの辺で失礼します。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

時事ネタカテゴリの最新記事