Twitter凍結から17日が経ちログインできるようになるも解除ならず

Twitter凍結から17日が経ちログインできるようになるも解除ならず

Twitterが凍結されて(パスワードを間違えすぎたため)いたので、認証コードを発行し凍結解除しようと思ってから既に17日が経ちました。久しぶりにどのようになっているのか確認しに行ったところログインできるようになっていました。

ついに「凍結が解除された!」と思ったのも束の間、いざツイートしようとなると「あなたのアカウントは凍結されており、ツイートを送信することは許可されていません。」と表示されるのです。

ログインできるようになったので登録してしまった固定電話の番号を変更すれば解決という風に思ったのですが案の定「あなたのアカウントは凍結されており、ツイートを送信することは許可されていません。」となり問題解決には至らなかったのです。

ログインできるようになったのは恐らく、Twitterヘルプセンターから「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」から必要事項を明記の上メッセージを送ったおかげだと思います。しかし、報告のメールは届いていませんでした。

念のため迷惑メールフォルダを確認したのですがそれらしきものは届いていませんでした(汗)どうしたものでしょうか。

いや、答えは簡単ですね。凍結されてしまったアカウントを諦めるしか道はなさそうです。サイト開始当初に作ったアカウントなのでそれなりに思い入れもあるものなのですが仕方が無いです。

早いところ新しいTwitterアカウントを作成しようと思います。そのためには、メールアドレスが必要なのですが僕は、スマホのアドレス、Gメールアドレス、ヤフーメールアドレスの3つを持っているのですが、すべて今までのTwitterアカウント作成に使用してしまっています。

確か契約をしているエックスサーバーでもメールアドレスが作れたはずなので調べながらアカウント作成をしていきます。

完成するまでは、このブログの公式Twitterアカウントで記事投稿の告知をしていこうと思います。※公式TwitterアカウントってかっこいいですねW

もし凍結されたTwitterアカウントに動きがあれば逐一ブログの方で報告させていただきます。

皆さまもTwitterアカウント凍結にはご注意ください。

【おまけ編】

凍結されていたアカウントに入れた時の喜びとかえしてほしいですね(笑)

解除されたと思ってワクワクしながら報告のツイートをしたら本編の方で何度か出てきた「あなたのアカウントは凍結されており、ツイートを送信することは許可されていません。」というメッセージが届くのです。

天国と地獄を一瞬で味わえたような気がしますね…

そんな貴重な体験できるなんて…ってなりません(汗)僕は天国だけを味わいたいです。ではなくTwitterアカウントの凍結解除されて欲しかったですね。

僕が何をしたというのでしょうか。僕には思い当たる節があまりありません。

時間が経てば解決することなのでしょうか。もしそうなのであれば期待しながら待っておこうと思います。

最近本当に寒くなってきましたね。僕は寒いのが大の苦手です。すぐに指先が冷たくなって動きが鈍くなります。

今も僕の部屋は寒いので指の動きが鈍いのです。もし、誤字などがありましたらそれはすべて寒さが悪いのです。決して僕お頭の問題ではありません(笑)

何度かブログの方でも話のネタとして取り上げていたのですが現在僕の部屋には暖房機器がありません。正確に言えば部屋に石油ファンヒーターとヒーターがあるのですが使っていません。いや、使えません。

僕の部屋が足の見場の無い状態だということを言えば分かっていただけると思います。

足の踏み場もないほど散らかっている可燃物だらけの場所で暖房機器を使用したらそのうち火事になってしまいそうです。

嘘をついていました(汗)暖房機器24時間付きっぱなしでした(汗)僕はヒョウモントカゲモドキという爬虫類を飼っているのですがもともと暖かい地域にいる生き物なので、冬場は保温してあげなければいけないのです。そのためしばらく前からヒョウモントカゲモドキが入っている温室の温度は27度程度の保たれています。

入れることならば僕も入りたいです。大きさ的に900*450*450なので入れないことも無いのですが保温設備から十分に距離を取ることが出来ないので恐らくやけどすると思います (汗)

グダグダ言っていないで早く暖房設備を使えるように片付ければ済む問題ですね。

明日は用事があって難しいと思うので今週中には片付けようと思います※範囲が広く、先延ばしにしているので本気の冬が到来するまでこのまま暖房機器無しのまま生活することになりそうです。

眠いです。唐突な話題変更(汗)

今もものすごく手を止めてしまうと直ぐに寝てしまいそうです。というより何度も寝かけました。そう言った時も無意識? で記事は書いているのです。しかし、いつも以上にしり目値烈なことを言っています。

起きた瞬間に気が付いたときは読み返しをして直しをしているのですが、見逃しがあり変なことを言っているかもしれません。そんな時は軽く受け流してください

今回はこの辺で失礼します。

サイト運営カテゴリの最新記事