自サイトにやらせコメントをすることのメリット・デメリット

自サイトにやらせコメントをすることのメリット・デメリット

僕はこのブログの他にNOWトレというトレンドブログを運営しています。トレンドブログのため、投稿後時間が経てばほとんどアクセンスを得られなくなります。そのため、投稿直後にアクセンスを得られるかがポイントとなってきます。

つまり、アクセス数稼ぎに必死なのです(笑)

出来ることは何でもやりたいと思っています。一番簡単な方法は、投稿頻度を上げるということですね。1記事で100PVを得られているとするならば、同じクオリティの記事を10個量産すれば1日に1000PV得られます。1ヵ月にすると30,000PVです。

しかし、今の僕はあまり時間がありません。そのため、1記事あたりのアクセス数を少しでも増やしたいのです。

そこで考え付いた方法が「やらせコメント」です。やらせコメントと言っても自分のサイトを評価するといった類のものではありません。評価する点が少なすぎて、いや無くて「やらせコメント」自体が出来ないです…(笑)

ここで言う「やらせコメント」とは、記事に対してのコメントとなります。あたかも記事を読んだ読者どうして取り上げた事柄について話しているようにするものです。まぁ、僕の文章の癖などですぐに「やらせコメント」と分かってしまうのですがね…。気にしないことにしましょう(笑)

それから、記事の質などを見ればコメントが本当につくのかどうかということが丸わかりですよね。ちなみに僕のサイトはコメントが付かない方になると思われます。(「思う」と言わないのは強がりですw)

やらせコメントのメリット

情報が充実する

記事だけでは伝いきれなかったことをコメントにて補足することが出来ます。結果、記事の内容が充実し読者様の役に立つコンテンツにすることが出来るのです。

記事管理者である僕は、いつでも記事の編集をすることが出来るのですがコメントを利用することで常に情報が更新し続けていることをアピールすることが出来ます。

コメントが付きやすくなる

コメントが一つもないものに自らコメントをするということはしにくいと思ったことはありませんか? 少なくとも僕は一番にはコメントしないと思います。

いくつか事前にやらせコメントをして置くことによって読者様がコメントを残しやすくなると考えられます。コメントを残したならば、そこに返信が来ていないかと気になり何度もサイトを訪れるということも期待できます。

一つのコンテンツとなる

コメント欄にて会話をしているものが一つのコンテンツになるのです。ネット記事などでコメント欄があるものがあれば僕はついつい読み込んでしまいます。記事よりもコメントを読んでいる時間が長いことの方が多い印象です。

それぞれが、思ったことを自由に書きこんでいるコメント欄はそれ自体が一つのコンテンツになるのです。記事は流し読みされてしまいがちのため、コメントでやらせコメントをする方が僕的にはいいような気がします。

やらせコメントのデメリット

不信感を与えてしまう

自然についたコメントで出来上がったコメント欄には価値があると言ってもいいですが、一人がましてはサイト管理者がせっせと作り上げたコメント欄には価値が無いと思ってしまう方も多いと思います。

それもそのはずです。管理者の考えが大きく影響されてしまうのです。

そのため、不快感を与えてしまうでしょう。バレなければいいのですがね…

まとめ

「やらせコメント」には否定的な考えを持たれる方が多いような気がします。出来ることならば僕もあまりしたくありません。しかし、僕のサイトでコメントが付くとも考えられません(笑)

本来は、どのよう工夫をしたらコメントを貰うことが出来るのかを考えるべきなのですが僕はそれをしないで「やらせコメント」という簡単な方法に走ってしまったのです。コメントが自然につくようなサイト作りを今後の課題としたいと思います。

サイト運営カテゴリの最新記事