僕の夢に必要な費用(予算100万円)を試算する 愛犬の写真集まとめ編

僕の夢に必要な費用(予算100万円)を試算する 愛犬の写真集まとめ編

僕の夢、それはワンコの写真集を作ること。

ただの写真集ではない。

滅茶苦茶かわいい僕のワンコの写真集である。

売れなくてもいい。

いや、ちょっとは売れて欲しい…(笑)

自己満足で終わってもいい。

いや、多くの人に満足してもらいたい…(笑)

目標は1,000部作ること。

完売とは言わない。

だって無理なことは僕自身が分かっているから…

滅茶苦茶スゴイ写真集を作りたい。

それが僕の夢。

いつもと違う始まり方をしてみました。

意外と書いていて楽しかったです。

冒頭でも言っていたように今回の予算(100万円)で1,000部刷ることを想定して試算してみました。

はじめに僕が導き出した合計金額を言います。

93万4222円です。

しっかり予算内におさめました。

ちなみにこの金額は、印刷以外の作業をすべて僕自身が行うことを想定しています。

撮影、編集、販売すべて僕が行います。

人に依頼するほど売れないと思ますからね…(汗)

撮影に必要な機材の購入費用も含まれています。

はじめに機材購入費用の内訳についてお話しします。

前回の記事で出した予算は、55万円でした。

1,542円オバーです。

他のものを計算してみたところ予算内に納まったので気にせずに話しを進めていきます。

カメラは、Sonyのコンパクト一眼レフを選びました。

α7rmark3です。

なんとお値段27万円です。

ちなみにこの値段は最安値の金額です。

Sonyのコンパクト一眼レフの最上機種の次にモノですね。

一番上はα9で30万円ほどです。

3万円「しか」違いませんね。

感覚が可笑しくなってきたようです…(汗)

僕がα7rmark3を選んだ理由は画質が良かったからです。

印刷物を作るので少しでも画質がいいものの方がいいですよね。(多分…)

約4240万画素です。

画素数で言えばα9の2420画素のより高いです。

α9はシャッタースピードが秒間20コマであったり、IOSが51,200です。

α7Rmark3の場合は、シャッタースピードが秒間10コマのIOS32,000です。

ぶっちゃけ僕には違いが分かりません(笑)

戦闘機のように高速で動く被写体を撮影するにはコマ数の多いα9がいいのでしょうね。

それくらいしか分かりません。

IOSは、数字が大きくなれば確か画像が粗くなるはずです。

暗いところで綺麗に撮影しようとするとIOSをあげなければいけないみたいですね。

晴れた日の奥がいであればIOSを下げることができるみたいですね。

その辺も勉強していきたいですね。

α7Rmark3を選んだ理由は、画質がいいからと言いましたが画質だけであれば、一つ前のモデルでも同じ画素数です。

新しいものの方が良さそう。

それだけの理由です(汗)

ちなみにシャッタースピードは、前のモデルは秒間5コマです。

ブルーインパルスの撮影もしてみたいのでシャッタースピードの速い方を選んでみましたね。

しかし、この後お話しするレンズの関係でブルーインパルス撮影には向かなさそうです…(汗)

あ、カメラがイケないのではなく僕の機材のチョイスが悪いのです。

カメラ自体は戦闘機撮影にはもってこいの品だと思います。

では、レンズの話に移りたいと思います。

今回選んだものは、16-35のF2.8です。

F値が小さいほど明るくなり高価になります。

お値段は、約21万円です。

カメラとほとんど変わりませんね…(汗)

F値を落とせば安くなりますが、シミュレーションなのでいいものを選んでみました。

僕のワンコは真っ黒なのでレンズが明るい方がいいと思います。

普通に撮ると真っ黒い塊になりかねませんからね(汗)

ポートレート(今回はワンコ)なので倍率は16-35の物を選びました。

遠くの場所に被写体があれば倍率の高いものにします。

先ほどブルーインパルス撮影に向かないといったのはこのことです。

ブルーインパルスは上空を飛ぶので当然画面いっぱいにおさめようと思ったら倍率の高いものが欲しくなります。

そのため今回にカメラとレンズの組み合わせでは向かないですね。

画質がいいのでトリミングすればいいかもしれませんね。

しかし、せっかくなら倍率の高い大砲のようなかっこいいレンズで撮りたいですね。

「大砲レンズ使っている俺かっけ~」と思いながら撮影したいです」(笑)

最近、発表されたSonyの大砲レンズ(600 F4)は、お値段なんと約180万円です。

高すぎる。

一般人には手が出せませんね…

東京オリンピックに向けて発売されたのでしょうね。

今回の大会では、cannon、ニコンの二強にSonyが割って入れるでしょうか。

気になりますね。

その他アクセサリーは、表の通りです(手抜き)

三脚は、「軽そう」という理由だけでカーボン製のものを選びました。

カメラをコンパクト一眼レフにしたのも軽い方がいいという理由です。

まぁ、レンズ、バッテリーグリップ等を付けたらそれなりの重さになりそうですけどね…

次は、製本にかかる費用について考えていこうと思います。

製本代は、1冊当たり192円で計算しました。

これれは、同人誌製作サイトを参考にしました。

厚めの紙を選んだり、フルカラーにしたりしたのですが思ったより安くなりましたね。

ページ数は、60ページで計算しました。

どこのサイトも簡単に料金のシミュレーションができて便利ですね。

それを僕は注文しないのに利用したというわけです…

申し訳ございませんm(__)m

100万円貯めたら利用します!

今回は、1,000冊刷る予定です(計画の中では)。

合計192,000円となります。

ちなみにこれを僕は、1,000円から1,200円ほどで売ろうと思っています。

一般的な金額がこれくらいだと思っています。

ちなみにその一般的な金額は、プロの方が撮影されて出版されているものです…

僕はド初心者です。

つまり僕は「一般的」に入らないということですね(汗)

高いでしょうね。

しかし、これくらいの金額を頂かないと赤字になります。

まぁ、数冊しか売れないと思うのでどっちにしても赤字なのですけどね…

極端な話、売ろうと思えば一冊1円で売れば恐らく完売できるでしょう。

売り切ることに意味があると思うのならばそれでもいいのですが、僕にも一応プライドがあるので、努力した分の金額は頂きたいですね。

購入してもらった方に僕が決めた金額でも満足してもらえたという風になりたいです。

例え在庫を山のように抱えて赤字になったとしてもです。

まぁ、60ページの写真集1,000冊ならば物理的には困らないですね。

開いている部屋に押し込めておけばいいですからね。

表を見てお気づきの方もいらっさるかもしれませんが製本費用にはソフト代とパソコン代が含まれています。

ソフトは有名なAdobeを選びました。

すぐに使いこなせないと思うので練習期間も含めて1年契約で計算しました。

パソコンは、今持っているのですが思ったよりも製本費用が安かったのでMacbookを購入することにしました。

Macbookはかっこいいので欲しかったです。

私欲です(汗)

せっかくなので性能のいいProにしました。

本当は画面サイズの大きい15インチにしたかったのですが一番下のグレードでも25万円ほどするにで今回は、13インチの真ん中のグレードにしました。

実際に写真集を作るということになったとしたら恐らく買わないですね。

今あるパソコンで十分です。

その分カメラのレンズを買う費用に充てると思います。

今回はシミュレーションなのでできるだけ必要なものを予算内で購入することにしています。

次は、配送費用ですね。

配送には一番送料が安くなるメール便などを使う予定です。

送料は、購入者さんに負担していただく形をとると思います。

封筒に入れて送ります。

住所は、シールに印刷したものを張り付けます。

僕は字が汚いので手書きは無理です。

それに印刷してある方がそれっぽく見えると思います。

印刷をするのでプリンターも費用に入れてあります。

あれ? 

「プリンター」と「プリンタ」どっちが正しいのでしょうか?

今度調べてみます。

プリンター(今回、プリンターで進めていきます)は持っているのですがこれもパソコンと同じ理由で購入します。

インクは、まぁ最初に入っている分でいいでしょう。

表を作るときに入れるのを忘れていました(汗)

機材費用55万1542円、製本費用38万2680円、配送費用4万92円の計93万4222となりました。

夢を叶えられるようにお金を貯めようと思います。

【おまけ編】

この記事は、投稿日時を誤魔化しています(汗)

大変も申し訳ございませんm(__)m

今の時刻6月30日12時14分です。

投稿予定日は6月29日です。

書いているうちに日付をまたいでしまいました。

しかし、投稿日は6月29日にします。

読んでくださっている皆さんにはあまり影響がないですね。

しかし、僕は毎日投稿をすることに意味があると思って頑張っているので結構大きなことです。

まぁ、誤魔化すので毎日投稿ではないのですけどね…

こうして記事に書かなければ恐らく誰にも気づかれることは無いと思いますが、僕は嘘が付けない人間なので書いてしまっています…

あ、投稿日を誤魔化すのは「嘘」をついていることと同じですね。

気にしません(都合がいい事…)

投稿が遅れた言い訳をさせてください。

一番の原因は書き始めるのが遅かったということなのです。

いつもなら間に合っていた時間です。

しかし、今回はいつもと違うことがありました。

そのため時間がかかってしまいました。

そのいつもと違ったということは何かといいますと「メルカリに出品した商品が売れた」ということです。

メルカリは購入しかしたことが無かったのですが今回初めて出品してみました。

ちなみに出品したその日に売れました!

出品したものは今は内緒です。

そのうち記事にするかもしれません。

あまり期待しないで待っていてください。

販売価格は550円です。

利益はほとんどありませんが自分のものが売れるというのはすごく嬉しかったです。

購入者さんとやり取りがあったので時間がかかりました。

それが言い訳です。

今回はこの辺で失礼します。

日常カテゴリの最新記事